Admin

スポンサーサイト




上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


カテゴリ : 【スポンサー広告
| top↑

Milestones |Miles Davis




MilestonesMilestones
Miles Davis
Sony Jazz
発売日 2001-04-16
価格:¥1,380(税込)





1958年、デイビスはサクソフォン奏者のキャノンボール・アダリーとジョン・コルツレイン、ドラマーのフィリー・ジョウ・ジョーンズ、ベース楽器奏者のポール・シャンバーズとピアニストのレッド・ガーランドと出会った。ジャッキー・マックリーンの「ドクター・ジャッキー」と、ジョン・ルイスとディジー・ジレスパイの「ツー・バス・ヒット」と、セロウニウス・モンクの「ストレート・ノー・チェイサー」などのビーポップとブルース調懐かしい曲が収録されている。アルバムの流れとしては、名作の「マイルストーン」で未来に向けて進んでいき、次にその流れで歴史的な『カインド・オブ・ブルー』がくる。デイヴィスの曲の「シッドズ・アヘッド」はベニー・ゴルソンの「キラー・ジョウ」と「ビリー・ボーイ」の様な、なめらかで美しいリズムだ。ガーランド シャンバーズと、ジョーンズ、そしてアーマド・ジャマールが共演している。このすばらしく再度録音された盤は、「ツー・バス・ヒットでのジョンのふらふらしたリズムと、デイヴィスのしっかりとした歌詞が上手に融合されている。「ストレート・ノー・チェイサー」でコルトレインは、大胆に和声のソロを、アダリーはトラネのスーパーソニック風を受け継いで、シャンバーズはかっこいいソロでまとめてくれる。このアルバムは一流なグループがこの世に出した一流な作品だ

初代リズムセクション時代の最高傑作 2006-02-05
リズムセクションにレッド・ガーランドとフィリー・ジョーがいた時期のマイルス・グループの最高の演奏だと思う。とにかくバンド全体のまとまりが見事で、強烈にスイングしているのだ。新しく加入したキャノンボール・アダレイも驚くほど他のメンバーと結束できている。役者も環境もそろっているのだから、当然どの曲も出色の出来。勿論マイルスは『モード』に取りかかったりと更なる探求を進めているし、コルトレーンにしてもまだトレーニング中ではあるが、発展途上での演奏としても十分私たちを魅了する音楽をこの人達はやっていたんだなあ、と感心しきりである。

ちなみに「ビリー・ボーイ」は、管の抜けたピアノトリオによる演奏。なかなか乗っているが、これがガーランドとフィリー・ジョーの参加する最後の作品になる。特にガーランドのそれは、必然だったのかもしれないとも感じさせるほど、このバンドで出来ることは、やり尽くした感じのあるアルバムでもある。


さらに詳しい情報はコチラ≫


この記事は2007/1/25に作成しました。

スポンサーサイト

カテゴリ : 【MUSIC
この記事へのコメント数 : (0) 【コメントする
| top↑

<<Cannonball Takes Charge |Cannonball Adderley | ホーム | Portrait in Jazz |Bill Evans Trio>>















管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
カウンター
プロフィール

silverhawk0121

Author:silverhawk0121
MUSIC.ZAKKA.FOOD.SHOPのんびりと紹介しています。


フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。