Admin

スポンサーサイト




上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


カテゴリ : 【スポンサー広告
| top↑

I Will Say Goodbye |Bill Evans Trio




I Will Say GoodbyeI Will Say Goodbye
Bill Evans Trio
Original Jazz Classics
発売日 1996-02-12
価格:¥1,370(税込)







知性とセンチメンタルの溶解点 2006-10-10
ビル・エバンスを語る場合、ややもするとスコット・ラファロとのコラボレーション4部作に集約し、その後の音楽人生をそこからの展開、もしくは踏襲という見方をしてしまう嫌いがないだろうか。僕自身60年代初頭のエバンスの完成されたインター・プレイを評価するあまり、晩年の耽美的過ぎる彼の世界とまともに向き合っていなかった。しかし、You Musut Believe In Springと出会い、晩年のエヴァンスの深い精神性とどこまでも探求していく姿に感銘を受けた。そしてこのアルバムはそれに勝るとも劣らないいわば知性とセンチメンタルの溶解点を示すバランスの取れたエバンスの晩年の到達点だと感じた。I Will Say Goodbyeの比類なき美しさ。Dolphin Danceのリリカルで楽しいリズム。Nobody Else But Meの軽快さ。そしてエバンス自身のオリジナルOpenerのアグレッシブでドライブの効いたタッチなど随所に魅力が詰まっている。このアルバムのもう一つの魅力はジャケットのすばらしさにある。夜明けかトワイライトの陸橋を走る一台の古めかしい車。それはまさにWay(人生)そのものを暗示する象徴的なイメージである。センターラインが二本延び、空の果てまで続いている。すべてのものに終わりがあるが、そこにこめられた精神は永遠である。彼の兄の死へのレクイエムであるとともに彼自身の遺言のように思えてならない。そうI Will Say Goodbyeこそビル・エバンスの最期のメッセージなのだ。








さらに詳しい情報はコチラ≫


この記事は2007/1/25に作成しました。

スポンサーサイト

カテゴリ : 【MUSIC
この記事へのコメント数 : (1) 【コメントする
| top↑
承認待ちコメント From:-




<<cure jazz |UA×菊地成孔 | ホーム | Waltz for Debby |Bill Evans>>
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
【2008/11/10 14:40】 | #[ 編集]















管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
カウンター
プロフィール

silverhawk0121

Author:silverhawk0121
MUSIC.ZAKKA.FOOD.SHOPのんびりと紹介しています。


フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。