Admin

スポンサーサイト




上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


カテゴリ : 【スポンサー広告
| top↑

Waltz for Debby |Bill Evans




Waltz for DebbyWaltz for Debby
Bill Evans
Original Jazz Classics
発売日 1990-10-17
価格:¥1,380(税込)





スコット・ラファロ(B)とポール・モチアン(Dr)を擁するビル・エヴァンス・トリオは、ライヴ活動を通じて互いの音楽的信頼感を高めてきた。結成後1年半たった61年6月25日、ニューヨークの名門ジャズクラブ「ヴィレッジ・ヴァンガード」に出演し、歴史的ライヴ録音を行った。
スタジオ録音にはないスリリングな名演となったが、この10日後スコット・ラファロが他界。本トリオの正式なライヴ録音は、ラファロ追悼盤の『サンディ・アット・ザ・ヴィレッジ・ヴァンガード』と本盤のみ。それでも本盤が、すべてのジャズアルバムのなかで、ソニー・ロリンズの『サキソフォン・コロッサス』と並んで最高の人気盤であるのは、内容がすばらしいからである。
オープニングのバラードは果てしなく美しい。タイトル曲は、エヴァンスの兄娘デビイのために書かれたワルツだ。生涯を通じて何度も演奏される曲だが、ここでの演奏が最高。(高木宏真)

名曲の下敷き・・・・・・・・・? 2007-01-02
 最近、エヴァンス作とされる「Waltz for Debby」によく似た旋律の曲を見つけました。17世紀ドイツ生まれのクラシックの大作曲家、ヘンデルの合奏協奏曲集作品6の第12番ロ短調(第4楽章ラルゴ)です。ピノック指揮のヘンデル作品集で買えるようです。エヴァンスがラヴェルなど近代フランス音楽に通じていたことは知られていますが、ヘンデルなどバロック音楽との関わりは聞いたことがありません。「Debby」が好きな方はぜひ聴いてみてください。かなり似てます。


さらに詳しい情報はコチラ≫


この記事は2007/1/25に作成しました。

スポンサーサイト

カテゴリ : 【MUSIC
この記事へのコメント数 : (0) 【コメントする
| top↑

<<I Will Say Goodbye |Bill Evans Trio | ホーム | Moanin' |Art Blakey & The Jazz Messengers>>















管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
カウンター
プロフィール

silverhawk0121

Author:silverhawk0121
MUSIC.ZAKKA.FOOD.SHOPのんびりと紹介しています。


フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。